スポンサーサイト

  • 2017.09.16 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    父の子離れ

    • 2017.08.29 Tuesday
    • 00:07

    家内のカフェに、一枚の小さな絵が飾られています。

    長女が東京芸大デザイン科に入学し、アパート暮らしを始める際に制作したものです。

    広い静かな水面に自宅が小さく描かれ、そこから桟橋が延びています。

    その先に舳先を外に向けて出航していく一艘のヨット。

    自らの進路への決意と、家族への思いが伝わってきます。

     

    この春、長女と長男がそれぞれの大学院修士課程を修了し、社会人となりました。

    そして勤務地へと旅立っていきました。

    長女はメキシコへ、長男は島根県へ。

     

    いいぞ、良かったな!いい仕事をしろよ、父さんもうれしい。

    理屈はそうです、理屈は。

    でもこの喪失感はどうしたことか。

     

    これまでは、アパート暮らしをしていようが世界一周バックパッカーをやっていようが、この家が彼らの母港であり、帰ってくるところでした。

    でもこれからは、彼ら自身が自らの母港を築くことになるわけです。

    よし、がんばれよ!…でも寂しい。

     

    鬱々として機嫌の悪い私に、家内が言いました。

    「そっか、寂しいんだ。じゃ、うちで検討中のレンタルカフェに応募する?」

     

    こういうことだそうです。

    家内のカフェは、イベント以外では平日の昼間のみの営業です。

    でも、夜や週末の開店を望む声もある。

    一方で、カフェをやってみたいが店舗の手配までは無理、という人たちもいる。

     

    だったら、月に一度か二度、土曜の夕方以降をレンタルカフェにして、その人たちの責任でカフェなりイベントなりをやってもらったらどうか。

     

    「あなたは料理の心得も多少はあるし、土曜日夜に素人居酒屋でもやってみたらどう?何ヶ月かにいっぺんでいいし、みんな足を運んでくれると思うよ。賑やかでいいじゃない。私は手伝わないけどね。」

     

    なるほど、家内のカフェのコンセプトですね!ここに来れば居場所があって、出会いがあって、リラックスできて元気になれる、そういう場を作ってみたら、ということなんだ。

     

    「母港が寂しくなったなんて言ってないで、たくさんの船が寄港する港を作っちゃえばいいじゃん、あなたも元気がチャージできるよ、ね?」

     

    はい、やってみますか。

    でもね、料理の心得といったって、ぼくは飲みながら料理するのが楽しみなんだよね。

    一杯やりながら仕込みからかかっていると、開店時刻には、料理はさておき自分ができあがっちゃってるけど・・・。

    それでもご来店いただけますか?

    スポンサーサイト

    • 2017.09.16 Saturday
    • 00:07
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      一年近くお休みだった「店主の亭主の戯言」が漸く復活したと思ったら子離れの寂しさのお話でしたか。

      そう云えばお宅のお子さんは皆さん学生の頃は自宅や近くのアパートからの通学でしたから、今回就職して始めて子供たちは喜び勇んで親元を離れて飛び出していったというわけですね。
      そしてご主人も仕事にややゆとりが出来て時間を持て余しても、奥さんは既に店主としてだけでなく、その道の有名人であちこち引っ張りだこですから、あまり構ってはくれず、一人寂しく酒を飲んでも楽しくはないし、その寂しさを紛らわすために出てきたのが、奥さんのカフェを時にレンタルしての居酒屋営業ですか、それも奥さんのご推奨とあれば、いいのではないですか、羨ましいことですよ。

      確か私はハートフルポートがオープンした時に「そのうち貴方もこのカフェに顔を出し、料理など作るようになるのでは---」と申し上げたと思うのですが、覚えていますか?
      その時は即座に否定されていたのですが、そろそろその時期が来たようですね。
      居酒屋がオープンしたとして、私がその店にお伺いするかどうかは雰囲気とサービス次第ですが、店主のお許しが出ているならいいではないですか。

        それこそ「やってみなはれ!」 ですね。
      • 柏崎一男
      • 2017/09/03 1:59 PM
      もう一言。
      お節介なことですが、居酒屋をオープンするとすれば、その店のネーミングも必要ですね。
       
      「居酒屋ひろ坊」または「居酒屋ひろちゃん」などは如何でしよう。
       「居酒屋もへじ」を意識したわけでは有りませんが?!?

      閑なものですから、勝手に楽しんで申し訳ありません。
      • 柏崎一男
      • 2017/09/05 3:02 PM
      いや〜、ご無沙汰してすみませんでした。別に忙しかったわけではないんですが、なんか気分が乗らなくてですね。
      「ひろ坊」は父が、「ひろちゃん」は母が、小さいころの私をそう呼んでいました。なつかしいですね。
      父は「おこぞう(お小僧)」とも言っていました。山梨の方言のようです。
      ところで、私がスポンサーをしている(orさせられている)「肉食女子会」では、アラサー、アラフォーの女子(?)たちは私を「ひろちゃん」とお呼びになります。嬉しいことに…。(笑)
      お立ち寄りいただけるよう、雰囲気作りに努めます。ありがとうございます!
      • 店主の亭主
      • 2017/09/07 2:06 AM
      私の身近にも開店したら教えて-----と期待しているアラフォーのお酒大好きの女子がいますよ、頑張って下さい。
      • 柏崎一男
      • 2017/09/08 5:46 PM
      私の身近にも開店したら教えて-----と期待しているアラフォーのお酒大好きの女子がいますよ、頑張って下さい。
      • 柏崎一男
      • 2017/09/08 5:48 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM