スポンサーサイト

  • 2017.09.16 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    老骨のクラリネット

    • 2016.09.26 Monday
    • 00:39

    最近、夜になると、閉店後の家内のカフェに豚の悲鳴が響きます。もちろんカフェに豚はいません。豚肉なら冷蔵庫にありますが・・・。そう、表題からお察しのとおり、クラリネットです。吹き損じて裏返ってしまった「ぴひぃ〜」という音。今年6月からクラリネットを習い始めました。半世紀以上前に、小学校の音楽の授業でリコーダーを吹いて以来の楽器経験です。始めてしまいました、齢67にして。

     

    このところ休日は何かに打ち込むということがなくなって、家の雑用や植木の水やりをしたり、散歩がてらに図書館へ行ったり、サイクリングにも余り熱心でないし、なんか漫然と日々を送っているよね、物忘れもするようになったのに晩酌だけは毎日忘れないし、そんなことでいいの、という家内のひんやりとした視線。

     

    そんなとき、一杯機嫌でモーツァルトのクラリネット五重奏曲やクラリネット協奏曲を聴きながらふと漏らしたぼくの一言、「ああ、いいな〜、クラリネット」を家内は聞き逃しませんでした。翌日、フルートのレッスンを終えて戻った家内から、同じ音楽教室での「クラリネット無料体験レッスン」のパンフレットを渡されました。対応早すぎますよね。

     

    レッスン日程も取材済みの上、「女の先生だよ」とキメの一言。はい、わかりました、行ってみます。というわけで、5月の体験レッスン後ただちに会員登録、初回のレッスンでクラリネット購入を決断、翌週のレッスン時に買いました。家内にプロポーズしたとき以来の速攻です。

     

    当日用意された何種類かの楽器を試し吹きして、「これ!」と決めたのがフランス製のちょっとした高級品。同席していた先生が、「うわっ、私のと同じ!」と仰天してました。要するにプロが使うレベルのものだそうで・・・。いいお値段でしたが、残り少ない人生の時をかけるわけですから、そこはためらいなく。でもプロが使う楽器ですから、腕前の違いが容赦なく音色に出るのは如何ともしがたく。

     

    しばらく前までは梅雨のうっとうしさにも「もうすぐ夏になれば」と思い、真夏の暑苦しさにも「もうすぐ秋になれば」と思ったものですが、この年齢になると、そうは言ってもあと何回この季節を迎えられるんだろう、という考えが先に立ちます。となると、うっとうしいも愛おしい、暑苦しいも愛おしい、となるわけです。そんな日々に「残された時間で極めてやるぞ」という楽しみを見いだせたのはめっけ物です。

     

    簡単な曲でいいから、家内のフルートとデュエットをしてみたい。そしていつになるかわからないけれど、モーツァルトやウェーバーを吹いてみたい。もっとも、モーツァルトの五重奏曲や協奏曲は、現在では一般的なB♭管のクラリネットではなく、ちょっと古い時代のバセットクラリネット、あるいはA管のクラリネットで演奏する曲です。まずはB♭クラリネットを掌中のものとして、そのあとということでしょうか。

     

    先は長い。無理かもしれない。でも、夢は大きく理想は高く。中沢けい作「うさぎとトランペット」(新潮文庫)に登場する、クラリネット初心者である初老のお医者さんの奮闘を手本に、毎日がんばってます。

    スポンサーサイト

    • 2017.09.16 Saturday
    • 00:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      半年振りに「店主の亭主の戯言]が登場、それも題名が「老骨のクラリネット」と来たものですから、てっきりああまた愛妻家のご亭主が奥さんのことを書いたのかと思い、まだ十分に若さを漂わせている店主を、ご自分の愛妻とはいえいくらなんでも「老骨に鞭打つ」とは言い過ぎではないかと、秘かに心配もしながら読み進むうちに気付いたら何とご亭主ご本人の話でした。
      そういえば奥さんはフルートでしたね、相変らずの私の早とちりのお粗末でした。

      70の手習いにいそしむご亭主、本音はいずこにあろうともそれを後押しする店主である奥様、そしていつの日かご夫婦二人だけでのデュエットを夢見る(失礼、夢ではなく身近な現実でしたね。)ご亭主、ああ今回もまたあてられっぱなしの、将に「店主の亭主の戯言」でした。それにしてもいつまでも若さ溢れる羨ましき夫婦仲に今回も脱帽ですね。

      最後に一言。美人の先生通いは勝手ですが、それにかまけて「亭主の戯言」をお忘れなきよう、楽しみにしている人も居るのですから、こちらの方もどうぞよろしく。
      • 柏崎
      • 2016/09/26 11:33 AM
      そうですね、「戯言」をすっかりさぼってしまいました。ご無沙汰お詫びします。
      しかし、あの文をお読みになっただけで、なぜ「美人」の先生だとわかるのでしょう。まあ、美人なのですが・・・。(汗)
      ご愛読、応援ありがとうございます! 早めの次回投稿を目指してがんばります。よろしくお願いします。
      • 店主の亭主
      • 2016/09/26 3:44 PM
      早く豚の悲鳴がなくなりますように…閉店後とはいえ、夜な夜なカフェに豚の出現はよろしくありませんから。ご近所のご迷惑にもなりますので…(-_-;) 
      早くデュエットが実現できることを夢見て…(^ ^;)
      • tenshu
      • 2016/09/26 6:08 PM
      話に出て来る女性は昔から美人と相場が決まっているのですよ。
      私の息子もあるときからチェロを美人の先生に習い始めました。先生が美人過ぎた為か本人の能力のしからしむるところかは知りませんが、素人の私が聞いていても決して上手とは思えないのですが、それでも我々夫婦の金婚式のパーティでは、マリーの金婚式を弾いてくれました。
      ご亭主も頑張って是非店主のフルートとのデュエットの夢を叶えてください。その時は聴かせて頂きたいので、我々の老い先短い生あるうちにお願いします。
      • 柏崎一男
      • 2016/09/26 9:21 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM